小説とは何か?

小説……。それは人間力を高めるエッセンスがつまったもの。
だと自分は思っている。

今は便利なもので、デジタル化が進み電子書籍やケータイ小説などどこからでも小説を楽しめる。
まずはどんな文章でもいい。活字にふれることをはじめ、人間力を高めようではないか。

先週末、友達のところへ遊びに行ってみると、ちょうど別のお客様が来たところのようでした。特に約束をしていたわけでもないし、お客様は私の知らない方だったので遠慮しようかと思うと、面白いから一緒にどうぞと誘ってもらえたのです。友達は私のことを読書仲間と紹介してくれ、お客様のことは師匠なんだと紹介してくれました。さて、何の師匠?と首をかしげていると、師匠さんは鞄の中から箱を取りだし、その箱の中から小さなコレクションケースに入った動物のフィギュアを取り出しました。猫や犬、ペンギン等のかわいらしい一瞬を切り取ったようなお人形はとてもすてきでした。売り物を買ってきたのかと思ったんですが、お話を伺ってみると何と師匠さんが自分で作られているとのこと。驚きでした。材料も聞いてみたのですが、私は聞いたこともないような言葉の羅列。どうやら、友達はこれを作るのに挑戦するらしく、作り方などを教わっているようなのです。だから師匠だったんですね。それから三人で、どんなものを作ったら売れるのか、欲しいと言ってもらえるのかを頭を突き合わせて喧々諤々。師匠さんは用事があるとのことで先に帰ったのですが、私と友達はその後もあーでもないこーでもないと相談を続けました。友達は新しいことにチャレンジするようなので、私も何か初めて見ようかな。

お休みの日にどこにも行く場所が無く、ただごろごろと暇をもてあましてすごしているという人が増えているそうです。無趣味とでも言うのでしょうか、やりたいことも無いので、ただただ寝てすごすというのはもったいないです。お天気が良い日であれば、ぜひ本を持って大きな公園などにお出かけすることをオススメします。
とはいっても、小説を読んでくださいというつもりはありません。持っていく本は、犬の図鑑です。最近大きい公園にはドッグランを併設しているところが増えています。いろんな種類の犬が遊びに来ているので、動物が好きな人ならば見ているだけでもとても楽しいものです。見たことの無い犬種が居たら、図鑑で調べてみたりするのも良いでしょう。犬の性格や特徴などが書かれているものも多いのでその内容に合致しているかどうかを見てみるのも良いと思います。犬を連れていないのにドッグランに入るのはちょっと気が引けると思うかもしれませんが、飼い主さんたちは心の優しい人が多いので、犬に危害を加えるようなことをしなければ何も問題はありません。きちんと飼い主さんに声をかけてからにすれば、犬を触らせてくれる人も多いですよ。一人で引きこもって過ごすよりも、少しでもコミュニケーションをとれる環境を作るようにしましょう。

社会人になってからも向上心の強い人は資格を取得するなどして頑張っていることと思いますが、そのような資格をせっかく取得するのであれば、資格のための勉強で得た知識を小説作りにも活かしてみてはどうでしょうか。資格の試験に合格するために勉強をして知識を頭に蓄えるわけですが、その知識の目的は当然ながら資格取得のためなのですが、せっかく特別な知識を得たわけですから試験が終わったら用済みとしてしまうのは、ちょっともったいないかもしれません。そのため、小説を作るために活かしてみるというのもアリだと思います。小説を作るためには世の中の人があまり知らない知識をもとに、物語を構築していくこととなって、そもそもは情報が欠かせません。そのため、せっかく情報をすでに持っているわけですから、この知識を活かしてしまうようにしましょう。普通ならばその世界のことはゼロから勉強しないといけないのですが、資格のためにすでに持っているのですから、有効活用したほうが絶対にいいのです。資格をとることより優先する必要はないのかもしれませんが、小説のためというものを第二の目標にして、いろいろな知識を使って小説作りをおこなってみてください。

親になったら子供のことを考えない人はいないと思いますが、子供にどんな大人になってほしいかということを親であれば誰もが思い描くものです。もちろん、あまりに無茶な目標を立ててしまっては子供がかわいそうですし、あまりに押し付けるようなことをしても子供が悲惨ですから、あくまでも目標は目標というぐらいに考えておくことも大事ですが、多くの親が自分の子供には文武両道となってほしいと思うのではないでしょうか。どちらかでも秀でているならばいいのでしょうが、できることなら両方を極めてもらいたいと思うのが親心というものです。そのため、いろいろなことを幼いころから経験させておくわけですが、スポーツなどは小さいころから本人が興味をもったものをおこなわせればいいものの、文武の「文」のほうは別です。これは勉強だけのことを意味していると思っている大人も多いのですが、それ以外にも読書などもこれに含まれます。そして、読書が好きになれば机に向かうことを嫌がらなくなるので、勉強にも影響してくると言われています。そのため、親として文武両道を目指すということであれば、自分の子供に対して読書を勧めていくということを考えてみましょう。

古本屋さんは通常の本屋さんよりも本を安く買えるのでお得となるわけですが、そのような古本屋さんが更に本を安く売っているタイミングもあります。呼び方はお店によっていろいろですがフェアであったり、セールであったりと、とにかく本を格安で販売している時期や日があるのです。このようなタイミングを見逃さないで買い物をおこなえば、信じられないほどに安く本を手にすることも可能なのです。本が好きな人は本にかけるお金もそこそこのものとなりますが、誰だって無限にお金を持っているわけでもないので、可能な限りは少しでも安くしたいものです。このようなセールなどをうまく使えばそれも可能となりますので、ぜひとも情報収集を欠かさないようにして安く本を手に入れるようにしてください。フェアやセールをどのくらいの頻度でおこなっているのかは古本屋さん次第ということになりますが、たとえば中には毎週水曜日だけは半額にして売っているなどというような定期的なセールが設けられていることもありますので、とくにこのようなものを熟知しておけば、お得に買い物ができるのではないでしょうか。ぜひとも色々なお店の情報を集めて、素敵な読書ライフを送ってください。

子育てをしている親御さんの場合には自分のために使える時間はどんどん減ってきてしまうものです。もちろん、そのようなことを知った上でのことでしょうから、何も嫌ということではないと思いますが、そうは言ってもたまにはでもいいので自分のための時間も持ちたいとおもうはずです。そのため、ときにはそのような時間をつくるようにしてみましょう。そして、そのような時間ができたときに何をするのがいいのかということは個人によっていろいろでしょうが、可能ならば読書の時間に回してみてください。どのような本を読むのかにもよりますが、小説を読んでいると心が穏やかになりますし、心を休めてあげるのにちょうどいいと思いますので、ぜひとも子育て中のフリーの時間は読書のために使ってみてください。なぜ読書がいいのかと言えば、ほかのことを考えないで済むからです。体を休ませてあげるだけではなく心のほうも休ませてあげることが子育て中には大事ですから、たとえば子育てノイローゼなどにならないように、このようなことも考えてみてください。本の内容に集中している間は、子育てのことを一時的に忘れることができますので、このような過ごし方はオススメです。

教科書や参考書、辞書などの実用的な書籍の場合には間に付箋を張って、目印になるようにしていることもあると思いますが、付箋は小説を読むときにも便利ですから、たまには使ってみてください。どのような使い方があるかと言えば、重要な部分に付箋を貼っておくようにするのです。物語を読み進めていく中で、とても重要になりそうな部分というものがときどきあるものですが、「これは、もしかしたら」というような部分にであったら、とりあえず付箋を貼ってみてください。結果的に役立たない部分だったとか、意味がなかったということもあるわけですが、もしかしたら役立つかもしれませんので、貼っておいてみましょう。そして、なぜそのような場所に必要なのかと言えば、物語は長いので、あとになってから忘れてしまうようなこともあるので、そのような場合に付箋のある場所をめくって読み直せば素早く物語の流れを確認することができますので、付箋を使っておくと役立つものです。小説に付箋を貼るというのはなかなかないことなので、戸惑うようなことかもしれませんが、実際に使ってみたら役立つことに気づくと思いますので、次の本を読むときには試しに貼ってみてください。

図書館で借りた本や知り合いなどから借りている本の場合には、そこに何かを書き込んだりしないほうがいいわけですが、自分が買った本であればその本をどうしようと自由です。そのため、たとえばとても気に入ったセリフがあったなどというような場合には、本の中にマーカーを引いてしまっても問題ないのです。このように書いておいたほうがあとから思い出したいときにも気軽に思い出すことができますので、折り目をつけたりといろいろな形で物語を記憶しやすいようにしておきましょう。そのときは深く印象に残っていたとしても、しばらくするとなんとなくは覚えているものの、そのあとにはハッキリと思い出せないなどということもあるわけですから、あとからでもスムーズに思い出せるようにマーカーなどを引いてみるのは良い方法だと思います。せっかく印象に残ったのであれば、それはしっかりと自分の中にとどめておいたほうがいいわけですから、自分なりの方法で記憶にとどめておくようにしましょう。マーカー以外にも折り目をつけたりコピーをとったり、なんだったらその部分を切り取ったりしてもいいわけです。自分で買った本なわけですから、どうしようとも自由になるのです。

慣れるまでは、どんなことでも大変なものですが、読書も同じです。読書も趣味にしたいと思ってスタートしたとしても、それを習慣とするまでにはそれなりの時間がかかります。もしかしたら最初は嫌と思うかもしれません。しかし、そこさえ乗り越えてしまえばあとは簡単ですから、すぐには投げ出さないで、しばらくはがんばってみましょう。そして、最初のうちは読書を義務化してもいいかもしれません。たとえば毎日必ず一ページは読むなどと決めてしまうのです。そうすれば言葉は悪いですが仕方なく本を読むということになり、それを何度も繰り返しているうちに仕方なくという気持ちはなくなっていくことになりますので、いつの間にか読書を習慣にしてしまうことができるわけです。ほかのことでもそうですが、この慣れるまでの時間さえ乗り越えてしまえば、そのあとはそのような日々があったことさえ忘れてしまうほどに当たり前に日常の中に馴染んでくるわけですから、最初は義務化してみてください。そして、もうひとつ大事なのは、最初に慣れるまでの間にどのような本を読むかが重要です。やはり面白い本を読まないと意味がないわけですから、このセレクトには時間をかけておきましょう。

小説を自分で初めて書く場合、慌ててしまう人がいます。完成させたいという思いが強いために、どうしても先へと急いでしまって、たとえば週末などに徹夜をしてしまったりするわけですが、そのようなことはしないほうがいいと思います。なぜなら、あまりにスタートダッシュだけがんばってしまうと、そのあとは続かないかもしれないからです。そのため、小説を書く場合、とくに初めて書くという場合には、慌てたり焦ったりしないで、とにかくゆっくりと完成させていくことを目指すようにしましょう。そうすれば、とくに問題はないはずです。もちろん、スタートダッシュでがんばってもいいのですが、そのようなことをしてもいいのは体力に自信があったり、普段からそのような生活をしている人だけではないでしょうか。あまりに無茶なことをして、途中で挫折してしまうと意味がありませんから、そのようなことになるよりはゆっくりと歩んでいったほうがいいのではないでしょうか。やはり、せっかく小説を書きたいと思ったのですから、途中で止まってしまうよりも最後まで到達したほうがいいわけですから、無事に完成することを目指して、ゆっくりのペースでがんばっていきましょう。